代表メッセージ

全ての子供達へ、社会へ出るための公平な機会を創り出し、「原石」である子供達の可能性が存分に光り輝ける社会を作り出すこと。これが、この世に生をいただいた僕の指名である。

私は、人間として生きていく上で大切なことを、社会に出てから学びました。
私の中にある数多くの財産は社会が与えてくれたと言っても過言ではありません。
それだけ、社会は人間を成長させてくれます。

そして、社会においての「仕事場」がその人の「居場所」となり、
「仕事」がその人の「尊厳」を創りだしてくれる。
そう確信しています。

しかし、今の日本には、十分な機会が与えられないまま社会に放り出され、
社会的弱者として生きなければならない若者達が数多く存在します。

決して彼等には何の罪も無いのに、生まれた環境、育った環境が
自然と彼等の将来を決めてしまう。
これはあまりにも「もったいない」ことであると言えます。

私は、この事業を通じて、生まれた環境、育った環境など一切関係なく、
誰もが公平に社会に出るための機会を与えられる日本を創り出します。
そして、全ての若者が、笑顔で生き生きと社会人生活をおくれる社会を創り出します。

代表 永岡鉄平

代表者プロフィール

略歴

1981年横浜市生まれ。
大学卒業後、リクルートグループに入社し、求人広告の法人営業に2年間従事。
その後、当時の顧客に誘いを受け、大学院生の就職問題を解決することを目的とした就職支援会社の設立に参画し、幹部として、フリーペーパーの発行や求人ポータルサイトの制作といった新規事業を立ち上げながら、法人営業、登録者へのキャリアカウンセリング、広報、採用担当と幅広い業務を兼任しながら約2年半会社の発展に貢献。
そんな中、次世代を担う後世の育成に貢献したいという思いが強くなり、依願退職。
様々な教育事例、子育て現場、貧困問題などを勉強していくうちに、児童養護施設の存在を知る。 親の愛情を満足に受けられず、そして高校卒業と同時に社会に放り出され、多くがワーキングプアとなる彼等の現実を知り、人材業界で培った経験を活かし、彼等の就労支援を決心する。

受賞歴

2010年9月 第1回社会起業プランコンテスト(内閣府地域社会雇用創造事業) グランプリ(最優秀賞)