フェアスタートは、この事業を通じて生まれた環境や育った環境など一切関係なく、全ての若者たちが自分らしい「はたらく」を実現できる社会作りに努めます。

施設 里親様へ

  • HOME »
  • 施設 里親様へ

施設TOP_仕事を知る・選ぶ・働くまですべて無料でサポート

 

社会に出る最初の一歩目の就職の「精度」をいかに高められるか。
社会に出た若者たちにとって「望まない失敗」「必要のない失敗」をいかに未然に防げるか。

ここにしっかりと向き合い、一人ひとり丁寧な就労支援を行い、主役である本人たちが高い納得感のもと自己決定をし、人と環境に恵まれながら社会で育まれていく。

これの実現が本人たちにとっての「最善」であると私たちは考えます。

私たちは社会的養護の若者たちの就労課題を「社会との連携による仕組み」で解決できると信じています。

 

そのために、まず力を入れなければならないのは「最初の就職における早期離職」の解決です。

この最初の就職における早期離職は、

  • 「職業の情報」「職業適性を知る機会」などに恵まれないまま就職活動が始まること
  • 「社員寮あり」などの条件面を仕事内容よりも優先し、結果的に「就職先の選択肢が少ないに等しい」こと
  • 就職した会社が、どの程度本人たちの事情等を理解して育ててくれるかが、事前にわからず、就職自体の「ギャンブル性が高い」こと
  • 「就職後の相談相手が少ない」こと

が要因となって発生していると考えます。

児童養護施設退所者の一年未満の離職率は50.8%(H29年発表 東京都における児童養護施設等退所者への調査)とのデータがあり、離職を機に非正規雇用へ移行し、その結果非正規雇用の仕事が長く続くと、十分な賃金を獲得できるスキルを身に付けにくく、また不安定な経歴から、すぐにやめてしまう人だと思われてしまうことも多いのが現状です。

このように最初の就職を短い期間でやめてしまう事で様々な「悪循環」に本人たちが陥ってしまうリスクがあります。

そこで、フェアスタートでは

  • 児童養護施設
  • 里親家庭、ファミリーホーム
  • 定時制高校
  • 各児童福祉施設等

を中心とした「親を頼れない若者たち」の最初の就職のサポートに特に力を入れています。

 フェアスタートの3つのサポート

フェアスタートでは児童養護施設や里親家庭等の若者たちのために、

就職準備期

就職活動期

就職後

と、3つの領域全てにおいて「就労支援」という形で、若者一人一人を一環してサポートします。
各児童福祉施設、里親、ファミリーホーム、高校の方々、若者たち本人は、下記サポートプログラム全てが無料で利用できます。

※職業適性検査や面談実施時に当団体事務所までお越しいただく際の交通費などは自己負担となります。
※対象年齢に制限は特にありませんが、中学生以上への支援が主となっております。

 

それぞれのサービスの具体的な内容は下記よりご覧ください。

<キャリア教育支援>
<就職支援(就職のあっせん)>
<就職後のサポート>

また、自力で就職活動をされ、最初の一歩目の就職で良いご縁とならなかった児童養護施設や里親家庭の若者たちの「次の就職」についても、丁寧にサポートしたいと思っております。

新卒者の就職を丁寧に。

1回目で上手くいかなくても2回目の再就職で速やかにリカバリー。

100人近い正社員としての就職コーディネート実績を持つ私たちにどうぞお気軽にご相談ください。

職員紹介

    • 永岡鉄平

    • 代表

    • メッセージ
      一緒に「はたらく」を楽しみましょう!
    • 青山なつみ

    • コーディネーター
    • 川崎北高校卒業

      メッセージ
      里親家庭で育った経験を生かして、若者達の気持ちの寄り添いながら、時には優しく、時には厳しく、応援させていただきます。
PAGETOP